前へ
次へ

医療用麻薬の使い道となぜ合法化されているのか

医療用麻薬は治療の中で合法化されています。麻薬ですから使い過ぎれば中毒のような症状になる可能性もあり、使い方には最新の注意が必要になってきます。使わない方がいいのですが、痛みの緩和に絶大な効果があるので治療方針の中で使わざるを得ない時があるのです。末期の癌患者は壮絶な痛みに襲われる場合があります。しかも末期の場合は治癒する可能性も低くなり、命が限られてしまう可能性も高いのです。この場合に患者は緩和ケアというものを選択する場合があります。人生の最後を安らかに過ごせるようにするための治療で、主に痛みを和らげる事が最重視されます。医療用麻薬は痛みがある時に使用する限りは中毒にならない事が分かっています。様々な副作用も考えられますが、副作用を抑える薬も開発されていますし対処法も進化しています。医療用麻薬の種類も増えているので、患者一人一人に合った物を選べるようにもなっています。悪いイメージのある医療用麻薬ですが、痛みという最大の敵を抑えるのに大事な薬です。

Page Top