前へ
次へ

医療費控除で税金が戻ってくるかもしれません

年度末に行うものの中に確定申告がありますが、その確定申告と一緒に申請できるのが「医療控除」です。医療控除にはメリットがありますので、該当される方はチェックしてみてください。自営業者などの個人事業主の方は、1年間に得た収入額から経費を除いた所得額を税務署に申告し、それぞれの所得額に応じた税金を納める必要があり、これが確定申告になります。しかし、確定申告や納税の手続きには時間と手間がかかることから、普段、会社などで働いている人は、確定申告を行う作業が負担になってしまいます。そのため会社が年末に所得の申告や納税手続きを代行してくれる、年末調整をするのが一般的です。このように会社が代行して手続きしてくれますが、全ての手続きができるわけではありません。そのひとつが医療費控除で、税務署に申告することで納税が軽減されることがあります。その年の1月1日から12月31日までの1年間に、実際に支払いした医療費の合計が10万円を超える人が対象になります。

Page Top