前へ
次へ

医師の第六感で病気かどうか判断される

現代の医療においては科学的な理論が重要になっていて、病気かどうかの判断は検査などによってされます。つまりは体調が悪い人が検査をしたときに何らかの異常があれば病気で異常が無ければ病気が無いと判断されます。病気であれば治療もされますが、病気でないとされると治療のしようがないと言われます。ではすべての病気が検査によって見つけられるかとなるとなかなか難しい時もあり、検査の陰に隠れているときもあれば、今の検査では見つけられない病巣もあります。東洋医学などは検査とは異なる部分で病気かどうかを判断するので、検査で分からなかった病気が見つかるときもあるようです。東洋医学も現代では重要な医学の一つとして世界的に研究が進められているので、将来的には科学的な診断方法になるのかもしれません。それ以外に医師の第六感で病気の判断を行うとの話があり、これが意外に当たるとも言われます。検査結果には出ていないものの患者の表情や雰囲気などから病気を感じ取るようです。

Page Top